« 滝村雅晴さんの「パパ料理講習会」のお知らせです! | トップページ | 細谷亮太先生の「かぞくのじかん」 »

2009年11月12日 (木)

家事家計講習会in町田

今年も全国約1000カ所で、全国友の会主催、婦人之友社後援の「家事家計講習会」が開かれています。今日は町田駅から徒歩5分の、町田市民フォーラム学習室で開かれた講習会に参加。お母さんが勉強中は、子どもたちは別室で預かってもらいます。

_mg_6944 _mg_6955

数字アレルギーだった……という32歳のSさんが、何度も挫折しながらとうとう「パソコン家計簿」で3ヶ月記帳に成功。把握していなかったお金の行方と金額の大きさを実感したお話。そして家計簿歴50年のUさんは、3万円の生活費から始まった激動の数字の記録を、大きなグラフに。「これまでにかかった食費は2700万円」のことばには、会場がどよめきました。

その後プリントを使っての食費の予算を立てる実習――

_mg_6936 _mg_6965

誰しも力が入ったことは言うまでもありません。ちなみに中学生ふたりのわが家の副食物費(おかず代)は、1日2000円、ひと月6万円の計算です。今年はそれ以外に夫や息子が「ちょこちょこ買い」するお菓子や軽食が予算を圧迫したので、手づくりお菓子で対抗(?)したいと思いました。

_mg_6975 

そんな決心を後押しするように、展示会場にはおいしそうな手づくりおやつの試食が!ひとつご紹介すると……

●さつまいも餅

1,さつまいも300gの皮を厚めにむき、2~3センチに切り、たっぷりの水でやわらかくなるまでゆでる。箸が通るくらいになったら、切り餅200gを入れ、さらに餅がやわらかくなるまで弱火でゆでる。

2,すりこぎでつくようにして、いもと餅をつぶす。

3,手水を使いながらまるめ、きな粉と砂糖と塩少々をまぜたものをまぶす。

そぼくな味わいで健康的。これからの季節にぴったりですね。

 各地でこんな楽しくてアットホームな講習会がまだまだ行われています。

 興味のある方は下記で日程をごらんください。 

  http://www2.ocn.ne.jp/~zentomo/topix.htm#kjika 

|

« 滝村雅晴さんの「パパ料理講習会」のお知らせです! | トップページ | 細谷亮太先生の「かぞくのじかん」 »

ニュース」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

食生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516598/46796819

この記事へのトラックバック一覧です: 家事家計講習会in町田:

« 滝村雅晴さんの「パパ料理講習会」のお知らせです! | トップページ | 細谷亮太先生の「かぞくのじかん」 »