« コメント募集!「膨大な写真やデータ、どう整理する?」vol.10 | トップページ | 山﨑美津江さんの掃除予定表を公開!(vol.10の記事から) »

2009年12月 9日 (水)

コメント募集!「クレジットの明細、いつ捨てる?」

★「かぞくのじかん」10号、“みんなのじかん”ページ(P.103)でご紹介した「みんなどうしてるの?」コメントに、あなたも答えてみませんか?

Dsc_0001s_2

●財布のなかのレシート類は家計簿に転記したらすぐ捨てますが、問題なのはクレジットカードの明細や、引き落とし通知書、領収書類。転記したあと一応保存していますが、ただ何年分もたまってしまって……。いつ捨てたらいいのか迷ってしまいます。何かよいアドバイスがあれば教えていただけませんか?
(N.M./島根県)

|

« コメント募集!「膨大な写真やデータ、どう整理する?」vol.10 | トップページ | 山﨑美津江さんの掃除予定表を公開!(vol.10の記事から) »

コメント

★このやり方がよいのかどうか、自信はありませんが、私は、使った月ごとにクリアファイルに入れています。

当月、前月、それ以前、の三つのファイルに分けていて、クレジットカードの引き落とし明細をチェックするときに、チェックした分のレシートは即処分します。

処分するときの便宜のため、レシートの使用日、店名、金額には、大きく丸印をしてから、入れるようにしています。

月末に、まだ処分していない分を当月のファイルから前月のファイルへ、前月のファイルの残りはそれ以前のファイルへ、と移動させ、今月使った分は、新たに当月のファイルにどんどん重ねて入れていく、という仕組みです。

投稿: ゆん | 2009年12月 9日 (水) 15時11分


①カードごとに、クリアファイルを作ります。次月分と今月分は、クリップ止めにして分けておき、一緒に入れます。

②明細書が到着(確定)したら、一枚ずつ赤ペンでチェックします。合計らんに赤丸をつけ、引落月/日 を赤書きしておきます。

③引き落としを確認したら、捨てます。

④口座残高
これで引き落とし確認できます。

投稿: 小西裕子 | 2009年12月10日 (木) 14時25分

★基本的には・・・
ペーパーレスにしているのでカード会社から明細が来ることはありませんが、カード支払いにしたものの領収書はとってあります。

いつ捨てるか、というと
引き落としが完了したら。

カード会社の明細には残っているので問題ないかと。

もろもろの明細、引き落とし通知書等、
気になるものやデータとしてほしいものはそれぞれまとめて保存。

それでも1年以上はためません。


保存場所ですが、
私は家計簿・日記・明細類を
ペン、計算機等とともに
ひとつの手提げに入れているのでそこへ。

投稿: puni | 2009年12月15日 (火) 04時04分

★私もペーパーレスにしているので、確認はネット上で行っています。

引き落としが終わっても、数ヶ月分は確認できるので、見たい時はその時に見るくらいです。

引き落とし完了後、手元のレシート等を処分しているのですが、念のために引き落としされた時に通帳に直接何代なのかを大まかに記入してます。もちろん、家計簿は項目ごとに分けて記入しますが……。

ペーパーレスにするまでは、引き落としが終わってもしばらくは保存していましたが、今では、

1.ペーパーレスにするとカードの年会費値引きがある。

2.エコにつながっている。

3.処分時に、個人情報など気を使わずにすむ。

という、特典付きになりましたよ。

投稿: Luna | 2010年1月 1日 (金) 01時27分

★日本と事情が違うので参考にはならないと思いますが、わたしの住んでいる国では、「領収書や請求書の類の保存期間は7年」という法律があります!!

一般の人が普通の買い物の際にこんなことを守っている人はいませんが、つまりは、支払いに関する法的な効力が7年ということ。

例えば、税務局などが7年前の税金支払いの証書の開示を求めてきたら、善良な一般市民は、ぱっと提示しなければならないということなんですね。

ほかにも例えば、クレジットカード会社が「7年前のこの支払い、引き落とされていません。」なんて言ってきたとして、こちらに証書がなければむこうの言いなりにならざるを得ない恐れも。

まあ、普通に暮らしていてそんなことが必要になる場面なんて、そうそうないですが、お商売を自分で始めたり、新たにローンを組もうと思ったり、不動産の売買などをしようと思ったりすると、思いもかけない書類の提示を求められるものなのです。

わたしはこの国の市民権を得る際に、様々な種類の税金に関する支払い証書はもちろんのこと、電気代から水道代、給与明細や国民健康保険の支払い証書など、ありとあらゆる書類をさかのぼって提出するよう言われ、整理しておらず困ったことがありました。

それ以来、年毎に、普通の店での買い物を除くほとんどすべての書類を種類別にファイルしてあります。もちろん、クレジットの明細もです。

1年で約12センチのファイル1冊で(7年で1メートル弱!!)、ちっともエコではありませんが、お金の動きはしっかり把握できるし、「支払いました!」という動かぬ証拠でもあります。

7年をすぎたファイルはシュレッダーにかけてリサイクルです。

参考にならなくて申し訳ありませんが、日本ではこういう決まりはないのでしょうか? 支払った支払わないで裁判になったりすることはないのでしょうか?

投稿: ハダル | 2010年1月 3日 (日) 20時15分

★私はクレジットで買い物した際に記帳してレシートはすぐに捨てますが、明細は家計簿に貼っています。

婦人之友の家計簿を使っているので
項目の最後の欄にある「自由欄」に切り取って貼っています。

ペーパーレスになっているカードもあるのですが、そちらはチェックがおろそかになりがちです。

明細のレシートはネットショッピングならメール等でも記録が残るので引き落としまで取っておきません。

投稿: Yuka | 2010年1月 4日 (月) 18時55分

★ハダルさんの疑問に関して、事情が同じならば日本に住む日本人にとっては書類保存はそれほど大切ではないということになりますよね。贈与などに関しては一筆必要ですよ。

もしかすると同じ国に在住かもしれません。近々主人がこちらの国籍を取る予定なので、参考になりました。我が家では公共料金関係は家計簿に記録してすぐにシュレッダーにかけているので、どうなることやら。

投稿: おふち | 2010年3月11日 (木) 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コメント募集!「クレジットの明細、いつ捨てる?」:

« コメント募集!「膨大な写真やデータ、どう整理する?」vol.10 | トップページ | 山﨑美津江さんの掃除予定表を公開!(vol.10の記事から) »