« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月13日 (水)

vol.13 “「主婦パート」から「パートタイム正社員」へ”みなさんはどう思いますか?


Dsc_00013


「ワークライフバランス」の認知の広まりにより、注目されているのが「短時間正社員」という働き方です。

しかし、現段階では盲点もあると語るのが、vol.13「WLBウオッチング」ページに寄稿くださった、本田一成先生(国学院大学経済学部教授)。

「施策の多くが正社員に比重を置いた、主に女性正社員向けの制度。いまや働く者の3人のうち1人が非正社員という時代だから、それでよいわけがない−− 正社員と働きぶりは変わらないのに、給料は時給換算すると正社員の半分以下で、同じく子どもを延長保育させて働いている」と本田先生。

その状況に答えるためには、「正社員並に働く主婦パートは、短時間であっても時給換算で正社員と同じ給料を得る働き方、いわばパートタイム正社員に変えるべきだ」と、提案されています。

今回の記事に対して、モニター読者のみなさまから、さまざまなご意見がよせられました。
「パートタイム正社員」について、また、子育てや仕事に直面するお母さんたちの声について、みなさんはどうお感じになりますか? 「かぞくのじかん」vol.13もご一読いただき、ぜひコメントをお寄せください。


続きを読む "vol.13 “「主婦パート」から「パートタイム正社員」へ”みなさんはどう思いますか?"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

家計簿・家計当座帳の2カ月版で、      はじめの1歩を

Img_4709_2
『かぞくのじかん』vol.13 家計特集号では、今年も『羽仁もと子案 家計簿』『家計当座帳』を2カ月間つけられる”お試し版”を用意しています。
家計特集号を読んで、早速つけてみたいと思った方、来年からはじめよう……と、思っている方は、ぜひ、1月を待たずに、この2カ月版で、はじめの1歩をふみ出してみてはいかがでしょうか。
2カ月版をつけ終わってみると、毎日の記帳にも慣れ、ひと月の決算もできます。はじめての人も費目分けに迷わない、”費目50音索引”つきです。

お申し込み方法は、かぞくのじかんvol.13の巻末ハガキをご覧ください。
(定価480円+送料80円分の切手 〆切11月末日)
*表紙カバーは、婦人之友社の人気絵本『ワニーニのぼうけん』tupera tuperaの”にじいろのうま”。
Img_4710
予算一覧表で、はじめての予算たても体験できます。
『かぞくのじかん』vol.13とあわせてご覧ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »