« 家計簿・家計当座帳の2カ月版で、      はじめの1歩を | トップページ | かぞくのじかん vol.14 秋号(12/4発売)の特集は、「ポイントそうじと手軽なごはんで人を呼べる家に」です。 »

2010年10月13日 (水)

vol.13 “「主婦パート」から「パートタイム正社員」へ”みなさんはどう思いますか?


Dsc_00013


「ワークライフバランス」の認知の広まりにより、注目されているのが「短時間正社員」という働き方です。

しかし、現段階では盲点もあると語るのが、vol.13「WLBウオッチング」ページに寄稿くださった、本田一成先生(国学院大学経済学部教授)。

「施策の多くが正社員に比重を置いた、主に女性正社員向けの制度。いまや働く者の3人のうち1人が非正社員という時代だから、それでよいわけがない−− 正社員と働きぶりは変わらないのに、給料は時給換算すると正社員の半分以下で、同じく子どもを延長保育させて働いている」と本田先生。

その状況に答えるためには、「正社員並に働く主婦パートは、短時間であっても時給換算で正社員と同じ給料を得る働き方、いわばパートタイム正社員に変えるべきだ」と、提案されています。

今回の記事に対して、モニター読者のみなさまから、さまざまなご意見がよせられました。
「パートタイム正社員」について、また、子育てや仕事に直面するお母さんたちの声について、みなさんはどうお感じになりますか? 「かぞくのじかん」vol.13もご一読いただき、ぜひコメントをお寄せください。


<読者のみなさんからのご意見>

●  私の周りのお母さん方も、半分くらいは主婦パートをされています。そして、そのほとんどの方が家事の全般、子どもの送り迎えなどをひとりでされています。パートと正社員では、同じ仕事をしていても給料は格段に違いますし、周りからの扱いも全く違います。パートタイム正社員、とてもいいと思いました。納得できる内容でした。

●  来年から息子が幼稚園へいき、私は働く予定ですが、パートかフルタイムか、本当に家事をいままで通りこなせるか、さまざまな迷いや不安がありました。
今の日本の社会には不平がたくさんありますが、自分が動かなければどうにもならないのが現状ですね。
主婦パートは2人目を産まない。。その通りだと思います。(息子にはかわいそうですが、働きにくいという現状がかわらない限り、一人っ子で)

●  私も独身時代は正社員、出産後は派遣社員として働いておりますが、いつか正社員として働きたい、という希望があります。
子育て中はフルで、残業も、というのは難しいので、このようなパートタイム正社員という働き方があるのなら、ぜひやってみたいです。

●  興味深く読みました。まさに自分が「生活の維持のために働く乳幼児をもつ主婦パート」でした。5年その生活を続け、WLBに関心を持たざるを得ない状況でした。今は休業中ですが、この問題(WLB・女性はどのように働いていくか)を考えるため、「かぞくのじかん」の中にこの記事があることをうれしく思います。

● 日本とは条件が違いますが、私は短時間性社員です。(日本で言う「正社員」とも、条件が多少違うのですが。) この先どうしようかと悩んでいるところなので、とても参考になりました。(イスラエル在住)

●  言いたいことはよくわかるけど、企業は経費を抑えたくてパートを多様しているわけだし、そんなこと主婦に言われてもどうにもできないし、わたしだってなれるならパートタイム正社員になりたいよと思いました。
社会保険料の拠出などいろいろな問題があって難しいと思います。政治が変わったりすれば実現するのかな・・・。読み終わって非常に悲しく残念に思うというか、無力感を感じてしまいました。ごめんなさい。

●  納得の一言でした。私は今フルタイムで働いており、日々の生活は夫の協力が欠かせません。ですが夫も疲れ気味なので、「家事もできて家計の助けになるパートタイムに戻ろうか」と常に悩んでいます。でも、パートタイムになったらなったで、仕事は仕事で手を抜かず取り組み、家事を一手に引き受けることになるのですよね。グサッとくる記事でした。

●  本当にそうだなと思いました。国のことを決める人たちは今の現状を全然理解してないから、支援してても的外れになってしまうんだと思います。こういう文書を政府などに届けることはできないのでしょうか?

●  女性にとっての子育てと仕事について、思う所が色々とあり興味深く読みました。
主人も忙しく、家族も近くにいないので、しばらくは自分が働けることがないのだろうな・・・と思うと少し寂しくなりつつも、二人目を考えるとやはり専業主婦でないと育てられないのかと思ったり。 他になにか、解決法はないのだろうかと思う。
子育てしながらでも、普通に暮らせる社会が理想です。

● 今丁度時短の派遣で働いてるので共感します。2時間しか余分に仕事してないのにやっている仕事は同じでおまけにボーナスを持てっていて、でも仕事の責任は同じで正直納得いかないと考えていたので。

●  私は正社員のまま育児時短を使った経験があるが、仕事量とレベルをこなすには、持ち帰り仕事でクリアするしかなかった。その経験から、非正規の専門職に転職したのだが、今またパートタイム正社員の誘いがきているため、興味深く読んだ。しかし、転職をするか否かはさらに迷うことになった。

●  パートタイム正社員もいいが、女性をもっと正社員に起用し、企業側がWLBを充実させて結婚後、出産後も働けるようにしなければ、生活の向上はみられないし、経済も発展せず、少子化も加速するのではないかと思う。また女性向けではなく、男性のWLBも同時に行えばさらに女性にとってもプラスになるのではと思う。

●  現在の企業の状況、請け負う仕事の責任や内容を考えても、いきなり正社員というのは理想論的な感じがして、いまひとつ。でもこう言い続けないとパートタイムの仕事はよくならないしとも思いました。

●  夫の家事育児時間が、妻がパートの場合が一番短いのに驚いた。

●  自分自身ワークライフバランスがうまくとれなくて仕事を辞めた。主婦になって新聞・ニュースをゆっくり見るようになってますます日本は女の人がいきいきと働く環境を作れない国だという思いが強くなった。有能なのにパートを選ぶしかない人もたくさん知っている。どうにかならないか。

●  私は正社員で、定時にあがるのですが、パートタイム(私の会社は未婚の若い女性)の方に、私のいない分を補ってもらっているという位置づけと思っていたので、少し状況は違いますが、不条理と言われるとドキリとしてしまいました。

●  いつも楽しみに読んでいます。
私たちが、日頃、不条理に感じていること、本田さんが代弁して下さっているように感じて、条件の厳しさは変わらないものの、心が救われる気がします。
わが子が働く時代になったら改善されていて欲しいと思います。

|

« 家計簿・家計当座帳の2カ月版で、      はじめの1歩を | トップページ | かぞくのじかん vol.14 秋号(12/4発売)の特集は、「ポイントそうじと手軽なごはんで人を呼べる家に」です。 »

コメント

★私も契約社員だったこともあり、出産を機に退職しました。現在、フリーランスとして仕事をしていますが、やはりいつかは安定した正社員になれたらと思っています。

「安定した雇用があって幸せな生活が送れる」ということをもっともっと社会全体で考えていかなければいけない時期なのかなと思います。

パート正社員は、働きたいと思う母親をしている誰もが、安心できるような社会作りの第一歩として、とても新しい考え方でいいなと思いました。

投稿: ナカムラ | 2010年10月28日 (木) 11時57分

★現在パート職員。
子どもは長女:幼稚園延長利用、
次女:無認可保育所入園です。

もちろん、家事と子の送迎、ほぼすべて
私にかかっています。

パートタイマーなので、シフト日には必ず来ることが当たり前。正社員なら体調不良で有給利用に変える、とか、病院受診後に遅刻で出勤、などの対応も可能でしょうがこちらは、休めば収入無し。

娘たちが健康なので、ありがたいことに、これまで急な対応に迫られることは無かったけれど、そういう不安をいつも抱えています。

投稿: AYUMI | 2010年10月30日 (土) 11時21分

★準社員、というパートタイム正社員に近い待遇で働いています。

出産等で正社員で続けられない人の一部に適用する制度なのですが、出勤日固定(週4)・一時間時短、というだけで一年契約、給与は以前の6割程度に抑えられています。仕事量は以前と同じで、資料類は持ち帰って作成しています。

同じ会社でパートとして働くよりは給与は多少多いですが、正直、会社にいいように使われているという気持ちがぬぐえません。

二人目も考えていますが、一年契約になったので今度は育児休暇もとれず、辞めるしかないのだろうなとあきらめています。

給与額は、自分の仕事に対する評価と考えているので、評価されていないような気がしてモチベーションが下がってしまっています。

スタイルがどうであれ、仕事に対する評価は平等であってほしいと感じます。

投稿: いまきた | 2010年11月 5日 (金) 03時06分

★今パートタイマーとして働いている方々は、正社員となり自分たちは恩恵を受けると考えるでしょう。でも本当に皆が恩恵を受けられるでしょうか?

パートタイム勤労者の給料を一定として、制度が変われば、会社であれ国であれ、1人の「新パート正社員」のために社会が負担する額が増えるのではないでしょうか?

すると、大赤字国家である日本では、人件費を減らすために、パート社員の数自体を減らすことになるのではないでしょうか?

1000人を福利厚生のないパートタイマーとして雇うか、950人を福利厚生のあるパート正社員として雇うか?

私は犠牲者は出ても、同じ仕事に同じ給料を、という制度がより公平度が高いと思います。

パート正社員=母親、という固定観念、どうにかならないでしょうか?子供がいなくても、男性でも、生活サイクルに合わせて働く時間を選べるのが常識となったら、素敵です。

投稿: おふち | 2010年12月18日 (土) 01時39分

★パートタイムで働いている幼児のいる主婦です。いま、一緒に働いている方が以前パートタイム正社員だったとのこと。

話を聞くととてもよい会社だと思いました。パートの人にもきちんと仕事に見合った評価を受けているという印象でした。

いま、働いている会社は仕事の内容や、時間、責任などは社員の人と変わらないのに待遇はだいぶちがいます。

そのためか何人ものアルバイトやパートを雇ってもすぐに辞めてしまいます。仕事を教え、育てていくというのは社員に対してであり、パートやアルバイトは使い捨てというような印象を受けます。

投稿: パート主婦 | 2011年2月14日 (月) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vol.13 “「主婦パート」から「パートタイム正社員」へ”みなさんはどう思いますか?:

« 家計簿・家計当座帳の2カ月版で、      はじめの1歩を | トップページ | かぞくのじかん vol.14 秋号(12/4発売)の特集は、「ポイントそうじと手軽なごはんで人を呼べる家に」です。 »