« 山崎美津江さんの片づけ学校が行われました | トップページ | コメント募集! 1、「ものを捨てられない夫」 »

2011年9月 4日 (日)

コメント募集! 2、おこづかいかせぎか やりがいのある仕事か?

「みんな、どうしているんだろう?」
お母さんが抱く暮らしの疑問にあなたが答えてみませんか? 
ぜひコメントをお寄せ下さい!

Komento

●おこづかいかせぎか
やりがいのある仕事か?

下の娘が来年度からプレ幼稚園に入園できます。
私は社会復帰しようか悩んでいます。
多少とも子どもとの時間を犠牲にするなら、
やりがいのある仕事につきたいな、と思ったり、
おこづかいかせぎでいいんじゃないかと思ったり。
いろいろなケースのお話をうかがえたら……。
(A・K/福岡県)

|

« 山崎美津江さんの片づけ学校が行われました | トップページ | コメント募集! 1、「ものを捨てられない夫」 »

3みんなの知恵袋/コメント募集」カテゴリの記事

コメント

★お小遣い稼ぎ、最近始めました。
もともとフリーライターでしたが、第二子出産でお休みしていましたが、知り合いに誘われて、再開しました。

確かに稼ぎは少ないけれど、生活にハリが出て、社会復帰へのモヤモヤがなくなりました。

これを本格的な復帰への「リハビリ」と思って、今は真剣に取り組もうと思っています。

投稿: さくら | 2011年9月 9日 (金) 21時49分

★今はおこづかい稼ぎ中ですが、そのなかでもやりがいを見つけてがんばっています。いつかもう一度やりがいのある仕事に戻りたい。

投稿: なおなお | 2011年10月 5日 (水) 14時46分

★私は第二子出産後、子供との時間を大切にしたいと思ったので、時間的に不規則な、それまで続けてきた自分のやりたかった仕事を辞めて、定時で終わる事務パートに転職しました。

やりたい仕事かと言われるとそうではないですが、パートながら責任ある仕事を任されて、やりがいを自分なりにみつけながら頑張っています。

自分で、今の働き方が今の子供や家族との関わりに1番いいと思って納得できれば、お小遣いかせぎでも、かまわないのではないかなぁと私は思うので。

いずれ、子供2人が小学校になって…そしたら、またチャレンジしたいなぁと考えてます。

投稿: りゅうまま | 2011年10月18日 (火) 03時44分

★私は、フルタイムで働いています
子どもが出産してから、働き方を変えて、非常勤→専業主婦となりましたが、どうしても、復帰したいと思い、フルで働いています。

こどもとは、以前のように長くは、接していませんが、経済的にはかなり余裕が持てるようになりました。
お小遣い稼ぎ、やりがいというより、お金のために、社会につながりたいというのが本音です。

どんな形であろうと、自分が納得して働ければそれでいいのではないでしょうか。

ただ、一生懸命働いている人とお小遣い稼ぎの人だと、働き方への意識が変わってくるのではと感じています。

投稿: usagi | 2011年11月 4日 (金) 13時03分

★子ども三人を出産してから専業主婦でしたが、いずれ働きたいと思っていました。ひょんなことから最初は短期間のの派遣で働き始めましたが、運良くずっと継続して働いています。

子育ても仕事もバランス良くという考えの私には週4日のパート勤務は丁度良いです。まずは一番の最優先事項が決まれば納得した仕事が見つかるのでは。

人生においても優先事項はその都度変わっていくと思いますので、柔軟な姿勢で臨んでみては。今まで生きて培った自分の嗅覚でタイミングを見逃さないように。

投稿: オレンジ | 2011年11月14日 (月) 21時07分

★友の会の職業班に入っています。ずっと働いているので専業主婦経験はありません。(産休、育休の時くらいかな?)

仕事って、最初はお金のことを思うけど、ずーっと働き続けるときは、その仕事の面白みを見いださないとやっていけない。その仕事の中にある面白さがモチベーションになっていきます。

やりがいとモチベーションは比例しても、やりがいと収入は比例しませんよ。

投稿: 広田 | 2011年11月24日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516598/52654550

この記事へのトラックバック一覧です: コメント募集! 2、おこづかいかせぎか やりがいのある仕事か?:

« 山崎美津江さんの片づけ学校が行われました | トップページ | コメント募集! 1、「ものを捨てられない夫」 »