« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

3月7日(水)全国友の会/山﨑美津江さんがTVに!

NHKあさイチ(3月7日(水)、総合 午前8:15~)で、
全国友の会の震災支援活動が紹介されました。

山﨑美津江さんを中心にした、仮設住宅の収納改善例、
2カ月家計簿で使い方の講習をしたようすも放映。

3月5日発売の新刊、『魔法の鍋帽子』で紹介された
鍋布団や、それを使ったレシピもスタジオで大好評。
上記のHPに掲載されていますので、
見逃した方は、チェックしてみて下さい。

*『かぞくのじかん』では3月5日発売のVol.19号に
「結局手早い 掃除と洗濯」と題して、
山﨑さんが巻頭10P.にアドバイザーとしてご登場です。
(オープンハウス参加者も、誌面で募集しています)

Dsc_0996

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント募集! 忙しいときのおすすめおやつは?

「みんな、どうしているんだろう?」
お母さんが抱く暮らしの疑問にあなたが答えてみませんか? 
ぜひコメントをお寄せ下さい!

Dsc_0998

子どもが3人になると、驚くほど忙しい毎日。が先日ふとホットケーキミックスで、パウンドケーキを焼いてみたら結構おいしく、手づくりは経済的で健康にもいいなぁと再認識。みなさんの「自慢のおやつ(てっぱん!)」をききたいです。
(M・K/埼玉県)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コメント募集! 習いごとの悩み

「みんな、どうしているんだろう?」
お母さんが抱く暮らしの疑問にあなたが答えてみませんか? 
ぜひコメントをお寄せ下さい!


Dsc_1001

春から長男が小学生。いっしょにピアノや少林寺拳法など習いたいのですが、下の子の生活時間に支障が。土日は家族で過ごしたいし、上の子の習いごとと下の子の生活時間をうまくやりくりするには?(K・I/群馬県)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

かぞくのじかん vol.19 春号(3/5発売)特集は「ていねいなのに、手早い家事」です。

『かぞくのじかん』は創刊110年の月刊誌『婦人之友』から生まれたファミリーマガジンです。子育て、家事、仕事、地域活動、自分磨き......忙しいながらも人生を豊かに生きたい、と願うお父さんお母さんと、新しい暮らしの知恵やスタイルを創り出していきます。
19hyou1

●全国の「婦人之友社特約書店」はこちらです。

婦人之友社からのご購入はこちらへ
(1冊送料100円 年間購読送料200円/)

●バックナンバー 
[vol.7][vol.15][vol.17][vol.18]

●AMAZONからの購入はこちら

fujisanからの購入はこちら

楽天ブックスからのご購入はこちら

------------------------------------------

『かぞくのじかん』

暮らす、育てる、働く。

2012/spring/vol.19
婦人之友社

「晩ごはん何にしよう」と気が重くなったり、
苦手な家事が手につかないときは、
基本に返ってみたり、ひとつのことをていねいにしてください。
生活を一つひとつ見直すと、新たな家事の流れ・気持ちの持ち方と
出合えるはずです。

2012 / spring / vol.19

目 次

P.3 『かぞくのじかん』の言葉

P.6 ていねいなのに、手早い家事

P.8 手早さを身につけるために

P.10 山﨑美津江さんのショートレッスン
結局、手早い 掃除と洗濯
 掃除の悩み 5つの 「ない」
 洗濯の悩み 5つの 「何となく」
● アドバイザー:山﨑美津江さん
● 教わる人:川﨑笑美さん

P.20 植田容賦子さんのショートレッスン
「ごはんまだ?」 と待たせないテキパキ台所術
 料理の悩み 3つの 「気が重い」
● アドバイザー:植田容賦子さん
● 教わる人:姜 郁美さん

P.26 手早い味つけ

P.28 みんなの手早いキッチン
アイディアとおすすめの道具

P.32 できていますか? 家事のバージョンアップ

P.36 “ていねい” だけど “手早い”1
できないことがあっても、今日の流れを止めない
● 荒木安都千さん

P.38 “ていねい” だけど “手早い”2
サッとかんたんに。でも “本物” をめざしながら
● 金子由紀子さん

P.42 季節を楽しむ家事ごよみ 3月・4月・5月
● アドバイス:笠羽巳年子さん

P.47 わが家のシンプルライフ化計画
帰ってきたらすぐに片づく 子どもの“ただいま動線”

続きを読む "かぞくのじかん vol.19 春号(3/5発売)特集は「ていねいなのに、手早い家事」です。"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »