« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月20日 (木)

いつもの家事に、季節の家事をちょっとプラス!!

日ごろの家事に手がまわらな〜い、と言っている人でも、ひなまつりやハロウィン、クリスマスなどのイベントを楽しく上手に暮らしに取り入れているような気がしています。

世の中の流行だけでなく、昔から親しまれてきた、日本の四季に合わせた「季節の家事」も少しずつ取り入れてみてはどうでしょうか。ほんの小さなことでも、家の中を通る風がさわやかに感じられることでしょう。

そのヒントになる、本誌の人気連載「季節を楽しむ 家事ごよみ」には、3カ月分の「衣食住、家計のこと、かぞくのこと」の具体的な内容を毎号掲載しています。

Img_2014 

このブログを読んでくださった人にだけ、ちょっとだけヒントのおすそわけ♪

●梅雨の晴れ間に「運動靴や長靴に防水スプレーをかけておく」といいですね。子どもの靴にもしゅっとひと吹きしておきましょう。

●粉ダニが発生しやすい状況になるので、乾物や米に注意。米びつに唐辛子を入れておくと防虫になります。乾物を使った新しい料理にチャレンジしても!

●あじさいがきれいですね。ご近所に何種類くらい見かけることができるか、意識して歩いてみるのも楽しいですよ。

Image001

●婦人之友社からのご購入はこちら すぐに発送いたします♪

(1冊送料100円 年間購読送料220円/年)

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

ほんとうに、かんたんでおいしいデザートです。

じめじめ、むしむしーー。

そんな日はつめたいお菓子を食べて、気分をリフレッシュ!

 

市販のアイスやゼリーもいいですが、少しだけ手をかけた、

48号p.66でご紹介している「クリームアイスサンド」はおすすめです。

生クリームを泡立てて、クッキーで挟むだけ!

市販のホイップクリームでも同じようにできるので、ほんとうにお手軽です。

Fullsizer-2

お皿の上では溶けにくく、でも口に入れるとサーッととろける食感。

小さい子も、クッキーをのせたり、ラップでくるんだり、

といっしょにつくれるのもうれしいデザートです。

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

『かぞくのじかん』監修のコンセプトルーム、公開中です!

関西にお住まいの方にお知らせです♪

阪急京都線水無瀬駅近くに建つ、大規模マンション“ジオ阪急水無瀬ハートスクエア”のひと部屋が、『かぞくのじかん』監修のコンセプトルームとして公開中です。

これまで誌面で紹介してきた、生活の小さな工夫がふんだんに盛り込まれたお部屋になっています。慌ただしい日々でも、生活を上手に回して、子どもの自立心をうながし、家族みんなが片づけられる、そんな仕組みづくりを体感できます。

実際の暮らしに取り入れられるヒントがいっぱいなので、お近くの方はぜひお立寄りくださいね。

096097_

096097_2  

場所は、阪急京都線水無瀬駅から徒歩5分(阪急梅田駅から約26分、河原町駅から約20分)。

詳細はこちらからどうぞ→★ 

| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

「こどもがつくるごはん」つくってみよう♪

そろそろ関東も梅雨入りしそうです。雨が降っていると家の中で過ごす時間が増えますね。今日は何しよ〜と思ったら、お昼ごはんを親子でつくってみては?

最新号の第2特集は「お母さんが働くということ」。その中に「ぼく、わたしがつくったごはんを、家族に食べてもらいたい!」と思った子どもたちに役立つ、「こどもがつくるごはん」の記事があります。

最初から最後まで子どもだけでできるようになるには、何回もいっしょに台所に立つ経験が必要です。でも、いろいろ言いすぎると、せっかくのやる気がしぼんでしまうので、ほどほどに!!

この記事の撮影に協力してくれたお友達は小学2年生と3年生でした(3月時点)。撮影中も「お母さんが料理しているの、よく見るよ」「野菜切ってみた〜い!!、これもう切ってもいい?」と、とても楽しそうで、積極的。大きな包丁を右手でもち、左手はネコのように指を丸めて、でも野菜はしっかりおさえて、、、と、切るだけでもいろいろと気をつけることがありましたが、けがもなく、無事に撮影終了。

自分でつくった嬉しさで食欲倍増の子どもたちは、おにぎらずも、ロールサンドも山のようにできたはずなのに、気づけばきれいにからっぽになるほどぱくぱく食べていました。いちばん人気は、「レタス&ハム&チーズ」。

_o0a7152 

撮影後、「もう一度同じものをつくる!」と、家に帰ってからすぐ復習していたのは、男の子でした! お母さんも同じ材料を用意してくださり、「こうして、こうして」とロールサンドの手順を思い出しながらしていた、とのこと。くり返しつくって覚えたことはきっとわすませんね。

こんなふうに料理を楽しめる子どもたちが増えるといいな!と思っています。「こどもがつくるごはん」の記事は全てのページによみがながついています。

Image001

●婦人之友社からのご購入はこちら すぐに発送いたします♪

(1冊送料100円 年間購読送料220円/年)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

編集部にうれしい感想が、続々と♪

[かぞくのじかんvol.48] 夏号は、発売2日目!!

時間がない人も心は元気でいるためのヒントが満載の今号です。

本誌を手にした方の感想は、とっても嬉しく、編集部みんなで読ませていただいています。ぜひ、巻末の愛読者はがきを通して、編集部に声をお届けください!(感想や定期購読のお申し込み、書籍のご注文などは巻末のはがきにチェックをつけて、そのままポストにご投函くださいね。切手はいりません!)

★感想の一部をご紹介★

●『かぞくのじかん』をより身近に感じる子育て世代の私としては、自分の家族のあり方を、じっくりと考えることができるので、毎号楽しみにしています。

家族会議のすすめかた(ビジネスから学ぶ家事のマネージメント)を読んで、日々悶々と考え込んでしまいがちな内容も、ビジネス的な観点からとらえることで、問題点からブレずに考え続けられるのだなと、改めて気づきました。(R.I)

●子育てに追われる毎日に、おとなの衣類、まして私の着るものなんて、何でも良い……と思っていました。先日、子育てを終えた世代の方と話していたら、「おしゃれってたのしいのよ。自分が快適で、元気で輝いていなくちゃ。子育て中って、自分のことを後回しにしがちだけれど!」と、話したことが、今回のシンプルライフの記事と合わさって、久しぶりにはっとしました。

「お母さんなら自分のことを後回しにするのは当たり前、そうあるべきぐらいに思っていたかも!」と。これに気づけたことが、今号を読んでのいちばんの収穫です。自分も、家族も快適!を目指します。(Y.K)

●今回も読み応えがあって、とくに特集の野口真紀さんのページや第2特集のお母さんがはたらくということもおもしろかったです。まほう使いの台所のスズキエミさんの塩ゆで鶏も、これからすぐに、ささみとむね肉を買ってきて試します!(I.S)

Image001

●婦人之友社からのご購入はこちら すぐに発送いたします♪

(1冊送料100円 年間購読送料220円/年)

●バックナンバー

[vol.45] [vol.46][vol.47]
 

Amazonからのご購入はこちら

楽天ブックスからのご購入はこちら  

fujisanからのご購入はこちら

 

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

[かぞくのじかんvol.]48 全国の書店で、今日から発売です!!

今日から書店、ネットショップで、発売になります!

ぜひぜひ、お手にとってご覧くださいね。

 

●婦人之友社からのご購入はこちら すぐに発送いたします♪

(1冊送料100円 年間購読送料220円/年)

Image001

★定期購読キャンペーン 生活がみるみるよくなる“まほうのシート・かぞくミーティングシート(30枚綴り)”をプレゼント中! この機会をお見逃しなく!!

48gou

●バックナンバー

[vol.45] [vol.46][vol.47]
 

Amazonからのご購入はこちら

楽天ブックスからのご購入はこちら  

fujisanからのご購入はこちら

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »