カテゴリー「ニュース」の32件の記事

2012年11月28日 (水)

山中現さんの展覧会のお知らせ!&アトリエ訪問

「かぞくのじかん」の羽仁もと子のことばページに、挿画をお願いしている木版画の作者山中現さん。雑誌でも原画そのままの色や雰囲気をお伝えしたい……と願ってはいるのですが、なかなかその通りにはいきません。このブログで、各地で行われる展覧会のお知らせを逐次掲載します。ぜひお出かけになり、間近に作品をご覧下さい。

----------------------------------------------

東日本大震災支援企画

満点の星展Ⅱ

○日時 2012年12月10日(月)〜21日(金)
11:00〜18:00(日曜休廊/最終日4時終了) 
○場所 あらかわ画廊
東京都中央区京橋2-8-18 昭和ビルB2F
地下鉄銀座線 京橋駅6番出口より徒歩1分
tel 03-3566-5213

------------------------------------

アトリエ訪問

Img_5570

過日、アトリエをおたずねし、はがきほどの小ぶりキャンバスから、数メートルの大作まで木版画、銅版画、油絵などさまざまな作品を見せていただきました。

Img_2479a_3

毎号の挿絵は新作、旧作の中からお借りしているのですが、「かぞくのじかんの読者の方には、やさしい雰囲気のものがいいですよね」と、いくつかの作品を山中さんもいっしょに選んでくださいました。

家、月、木、雨……などなど、ふんわりとここちのよい作品にいやされるひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

3月7日(水)全国友の会/山﨑美津江さんがTVに!

NHKあさイチ(3月7日(水)、総合 午前8:15~)で、
全国友の会の震災支援活動が紹介されました。

山﨑美津江さんを中心にした、仮設住宅の収納改善例、
2カ月家計簿で使い方の講習をしたようすも放映。

3月5日発売の新刊、『魔法の鍋帽子』で紹介された
鍋布団や、それを使ったレシピもスタジオで大好評。
上記のHPに掲載されていますので、
見逃した方は、チェックしてみて下さい。

*『かぞくのじかん』では3月5日発売のVol.19号に
「結局手早い 掃除と洗濯」と題して、
山﨑さんが巻頭10P.にアドバイザーとしてご登場です。
(オープンハウス参加者も、誌面で募集しています)

Dsc_0996

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

フランス映画 あの夏の子供たち 5月29日公開

『かぞくのじかん』の読者におすすめの映画の上映があるときき、3月に六本木で行われたフランス映画祭に足を運びました。
 作品は『あの夏の子供たち』。家族を愛し、映画を愛したプロデューサー(実在の人物がモデル)が、不況に行き詰まって突然自殺。残された母娘の葛藤と再生を綴った物語です。

Main

続きを読む "フランス映画 あの夏の子供たち 5月29日公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

全国友の会80周年 パネル展が始まりました

本日、5月17日(月)より、21日までの5日間、東京・西池袋の自由学園明日館にて、『全国友の会創立80周年 創設者羽仁もと子 「友の夢 あつめて」パネル展』が開催されます。

開催時間など、詳しくはこちらをご覧ください


Dsc_0255

<80年前「婦人之友」愛読者の会として生まれた「友の会」にとって、今なお活動の中で会員生活の中で拠りどころとなっている、創設者羽仁もと子の著作集からの珠玉の言葉の数々と、それによる友の会の活動生活をパネル21枚でご紹介します>「全国友の会ホームページより」


(※おかげさまで盛会のうちに終了いたしました!)

続きを読む "全国友の会80周年 パネル展が始まりました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

谷川俊太郎さん、谷川賢作さん、続木力さんの自由学園コンサートの模様がラジオで放送されます

去る2月13日(土)午後2時より、自由学園記念講堂にて、『言の葉音楽会』(ことのはおんがくかい)が開かれました

出演は詩人の谷川俊太郎さんと、ジャズピアニストの谷川賢作さん、ハーモニカ奏者の続木力さん(パリャーソ)、そして自由学園初等部の1年生です。

_mg_8330_4

初等部の子どもたちは教科書や読み聞かせを通して、谷川さんの詩にずっと親しんでいるので、ご本人とステージに立つこの日を心待ちにしてきました。

朝から群読の練習に力が入っています。

コンサートの様子はこちらです→ 言葉(ことのは)音楽会のようす

_mg_8548_2

終演後のトーク。

在校生の祖父・父である谷川さん親子と、“もと”在校生の続木さん、初等部校長の中村弘之先生とでなごやかに語り合いました。


この日の様子は『かぞくのじかん』夏号にルポを掲載予定です。

そして全国エリアの民間短波ラジオ放送局『ラジオNIKKEI』の方も取材にみえていました。3月3日は「民放ラジオの日」ということで特番を組み、この日の演奏や子どもたちとの質問コーナーの様子をダイジェストで放送するそうです。

特番ウェブサイトはこちらです→『ラジオがやってくる! 谷川俊太郎と自由学園の子どもたち』

初回は3/3(水)19:15-20:00放送。それ以降もインターネットや携帯電話で聞けるので、ぜひチェックしてみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

かぞくのじかんvol.11 春号 発売しました!

K11_2

かぞくのじかん』は創刊107年の月刊誌『婦人之友』から生まれたファミリーマガジンです。子育て、家事、仕事、地域活動、自分磨き......忙しいながらも人生を豊かに生きたい、と願うお父さんお母さんと、新しい暮らしの知恵やスタイルを創り出していきます。

2010/03/05発売の春号の特集は「時間の使い方」。昨年1万3000人が参加した「生活時間しらべ」を軸に、今日一日に納得、感謝して終われる「満足ポイント」を探ります。効率重視の時間術に限界を感じている方に、ぜひ読んで頂きたい一冊です。


全国の「婦人之友社特約書店」はこちらです

婦人之友社からのご購入 (1冊送料100円 年間購読送料200円)

バックナンバー Vol.07 Vol.08 Vol.09 Vol.10

Amazonからの購入はこちら(完売しました)

fujisanからの購入はこちら 楽天ブックス 完売です

2010/春/vol.11 目次

【特集】
★今日一日に満足できる時間の使い方、生き方
・満足できない7つのパターン あなたはどれ?
・人生で本当に大切な時間とは? アンケートから

●時間の質を高めるレッスン
暮らしが変わる!「朝・夕仕事」と「基本時刻」
・“決める・計る・書き出す”は時間上手の第一歩
・先手仕事とリスト確認で、今日を静かに終える
・時間を生かすキーワード ほか
アドバイスする人/小豆沢千加代さん 教えてもらう人/伊東貴子さん

●1年を気持ちよく過ごすために
春からはじめる“家事ごよみ(ダウンロードはこちら)
・3、4、5、6月の家事ごよみ/家事ごよみのつくり方
・気持ちよく過ごす4つのチェックリスト
・3分でできるセーター・マフラー洗い
・部分汚れ・のりスプレー ほか
アドバイスする人/芝伐佐和子さん 教えてもらう人/酒井章子さん

●みんなの1日=1440分を調べてみたら?
全国友の会・生活時間調べから 50年の推移
ステージによって変わる時間の使い方
あなたもチャレンジ時間しらべ(記入用紙をご希望の方は編集部まで)/基本時刻を決めましょう
子育て中のワークライフ&ソーシャルバランスは?

●満足時間ファイル
1今日1日を「子ども時間」で暮らしてみたら 吉成晴香さん
2大好きな手仕事が暮らしのアクセントに 小豆沢千加代さん

●“充実時間”をつくる5つの提案 金子由紀子さん
 「わたし流時間術」のおすそわけ

続きを読む "かぞくのじかんvol.11 春号 発売しました!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

山中現氏の個展が福島で開催です。

Dsc_0007_4  『かぞくのじかん』巻末の「羽仁もとこのことば」に繊細で温かい版画を添えてくださっている、山中現氏の個展が福島で開かれます。

Dsc_0018_3

原点である初期のモノクロ木版画から、近年の水彩、油彩、オブジェなど、多彩な作品を、じっくりと味わうことができる貴重な機会です。

ぜひお出かけ下さい。

山中現展 「夢の領域」

2010年2月13日(土)~3月22日(月・祝)

●主催:福島県立美術館
●開館時間:9時30分~17時(最終入館は16時30分)
●休館日:毎週月曜(ただし3月22日は開館)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

掃除名人・前みちさんと東京第一友の会がテレビに。12月7日(月)放映されました。

そろそろ年末の大掃除が気になる頃。くもったガラス、たまった汚れに、よし!と向き合い、気分よくお正月を迎えたいですね。

ところで、「年末掃除はしません」と口を揃えるのは「東京第一友の会」住グループの皆さん。1週間、1カ月、1年……と予定を立て、季節と自分の忙しさに合わせてお掃除をすすめているので、年末はゆったり。『婦人之友』『友の会』が古くから勧める“いちばんラクにきれいをキープできる掃除”の考え方なのです。

そんな住グループの活動が、「NHK生活ほっとモーニング」で取り上げられることになり、今日はお隣の「第一友の家」の実習室でも撮影がありました。

Img_2796_2 Img_2783_3

さまざまなはたきを持ち寄り、使い方や作り方の検討中。

  Maeimg_2792

中央が前みちさん。「若い人の講習会」で長年お掃除の講師をつとめていらっしゃいます。

Img_2800_2

番組中で前さんが「直伝」された掃除機のかけ方をはじめ、ポリばたきやナイロンネット、すきまモップの作り方は、婦人之友社刊『シンプルライフをめざす基本のそうじ』に、詳しく載っています。大掃除のいらない「家事ごよみ」もぜひ参考にしてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

細谷亮太先生の「かぞくのじかん」

09/12/05発売の『かぞくのじかん』vol.10の「お父さんインタビュー」に、小児科医で聖路加国際病院副院長の細谷亮太先生が登場します。

Dsc_0010_2
小児がんの専門医として多忙だった細谷先生。4人の子供たちとのレジャーは出勤前におにぎり持参で近所の公園に行くことだったそうです。そんな先生が小学生の頃、医師だった父親に打ち明けた悩みとは……? 細谷少年の優しさの一端にふれるエピソードです。

Photo_3 細谷先生の最新刊『優しさはどこから』」が11月中旬、婦人之友社から発刊となり、早くも好評を頂いています。
子供との時間。仕事の責任。矛盾の中で、父としてどう家族との暮らしを営むか。そして病気や死に向き合う子どもたちの、かけがえのないメッセージ。15編の短いエッセイ集ながら、何度も読み返したくなる一冊です。

定価1260円/96ページ/B6判変型

出版記念講演会も開かれます。ぜひご参加ください。

☆日時:12月10日(木) 開演午後1時半(開場午後1時)

☆場所:自由学園明日館講堂 
☆会費:500円
託児はありません(お子様との同席可。申し込み時にお伝えください)

当日著書を購入された方を対象に、サイン会を行います

□申し込み方法……完全予約制(自由席)
         電話:03-3971-0101 *受付時間9時~17時
         ファクス:03-3982-8958 *24時間受付可
         メール: tomomail@fujinnotomo.co.jp 
         ホームページ:http://www.fujinnotomo.co.jp/

□氏名、住所、電話番号、人数を明記のこと。
□会費は、当日受付にてお支払いください。    
     
定員になり次第締め切ります。

細谷亮太 ほそやりょうた プロフィール
小児科医、聖路加国際病院副院長。専門は、小児がん、小児のターミナルケア、育児学。小児がんの子どもや家族との関わり、自らの子育て経験を通して語る講演会、育児講座などが人気。毎週日曜日には、山形県の実家・細谷医院で診療を続ける。俳人としても活躍。1948年山形県生まれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

家事家計講習会in町田

今年も全国約1000カ所で、全国友の会主催、婦人之友社後援の「家事家計講習会」が開かれています。今日は町田駅から徒歩5分の、町田市民フォーラム学習室で開かれた講習会に参加。お母さんが勉強中は、子どもたちは別室で預かってもらいます。

_mg_6944 _mg_6955

数字アレルギーだった……という32歳のSさんが、何度も挫折しながらとうとう「パソコン家計簿」で3ヶ月記帳に成功。把握していなかったお金の行方と金額の大きさを実感したお話。そして家計簿歴50年のUさんは、3万円の生活費から始まった激動の数字の記録を、大きなグラフに。「これまでにかかった食費は2700万円」のことばには、会場がどよめきました。

その後プリントを使っての食費の予算を立てる実習――

_mg_6936 _mg_6965

誰しも力が入ったことは言うまでもありません。ちなみに中学生ふたりのわが家の副食物費(おかず代)は、1日2000円、ひと月6万円の計算です。今年はそれ以外に夫や息子が「ちょこちょこ買い」するお菓子や軽食が予算を圧迫したので、手づくりお菓子で対抗(?)したいと思いました。

_mg_6975 

そんな決心を後押しするように、展示会場にはおいしそうな手づくりおやつの試食が!ひとつご紹介すると……

●さつまいも餅

1,さつまいも300gの皮を厚めにむき、2~3センチに切り、たっぷりの水でやわらかくなるまでゆでる。箸が通るくらいになったら、切り餅200gを入れ、さらに餅がやわらかくなるまで弱火でゆでる。

2,すりこぎでつくようにして、いもと餅をつぶす。

3,手水を使いながらまるめ、きな粉と砂糖と塩少々をまぜたものをまぶす。

そぼくな味わいで健康的。これからの季節にぴったりですね。

 各地でこんな楽しくてアットホームな講習会がまだまだ行われています。

 興味のある方は下記で日程をごらんください。 

  http://www2.ocn.ne.jp/~zentomo/topix.htm#kjika 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧