カテゴリー「住まい・インテリア」の34件の記事

2019年7月19日 (金)

この週末に、みんなでトライ♪

今日が1学期末の終業式という地域も多いことでしょう。

学校から持ち帰ってくるピアニカ、水彩道具、習字セットなどなど……、案外家の中では場所をとりますね。

子どもたちが夏休みに読む本、そして宿題!など、毎日使うものの置き場所は、早めに決めてしまうといいですよ。

これからはじまる日々を気持ちよく過ごすために、身の回りをととのえて、いいスタートをきってくださいね♪

Photo_20190719140801

週末におすすめの、家の中の「モノを減らす」大作戦!

かぞくみんなで1人10個のつかっていないモノをを出し合うと、3人家族なら30個、5人家族なら50個がいちどに集まります。これを2日続けると、その倍量!! 初日はとてもかんたんに集まるはず。輪ゴム1本でも1つ、着ない服1枚も1つ、としてカウントします。

子どもといっしょに身の回り整理の方法として、ゲーム感覚でぜひ。
おもしろいですよ♪

Image001

●婦人之友社からのご購入はこちら すぐに発送いたします♪

(1冊送料100円 年間購読送料220円/年)

 

 

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

『かぞくのじかん』監修のコンセプトルーム、公開中です!

関西にお住まいの方にお知らせです♪

阪急京都線水無瀬駅近くに建つ、大規模マンション“ジオ阪急水無瀬ハートスクエア”のひと部屋が、『かぞくのじかん』監修のコンセプトルームとして公開中です。

これまで誌面で紹介してきた、生活の小さな工夫がふんだんに盛り込まれたお部屋になっています。慌ただしい日々でも、生活を上手に回して、子どもの自立心をうながし、家族みんなが片づけられる、そんな仕組みづくりを体感できます。

実際の暮らしに取り入れられるヒントがいっぱいなので、お近くの方はぜひお立寄りくださいね。

096097_

096097_2  

場所は、阪急京都線水無瀬駅から徒歩5分(阪急梅田駅から約26分、河原町駅から約20分)。

詳細はこちらからどうぞ→★ 

| | コメント (0)

2018年12月11日 (火)

12月の家事予定は立っていますか?

クリスマスの雰囲気が高まって、あちこちにぎわっていますね。
一方で、新年にむけた準備もあって、ほんとうに忙しい師走。
本誌の「季節を楽しむ 家事ごよみ」には、
その月にしたいこと、できたらいいことを、
・今月のこと
・食のこと
・住のこと
・衣のこと
・家計のこと
・かぞくのこと
にわけて、紹介しています。
「何をしたらいいの?」 「今するのはどんなこと?」と、
困ったり、迷ったりしたら、ぜひ開いてもらいたいページです。

Img0526_1

そのほか、旬の食材や花などのリストもあるので、

今の季節を楽しんで過ごすヒントがいっぱいです。

1月も2月も、3カ月続けて使える便利な家事ごよみ、
どうぞご活用ください。
本誌46号をお申し込みはこちらからどうぞ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月22日 (月)

今年の気がかりは、今年のうちに!…掃除、片づけ、収納の見直しは進んでいますか?

30号が発売されて2週間経ち、少しずつ読んでくださった感想が編集部に届きはじめています。
今号からはじまった“家事ごよみ”は、多くの方の生活にお役に立っているようで、うれしいです。季節の家事予定については『主婦日記』にも、毎月掲載されているので、こちらと合わせて、ぜひ使ってみてくださいね。

30

そして、もうひとつの新連載は“かぞくのかたち”です。『かぞくのじかん』を読んでくださっているひと家庭ひと家庭に、それぞれのかたちがあることを愛読者はがきなどを通して感じています。どの家庭にもある悩みやその上での喜び、子どもとのこと、夫婦のこと、家族であることをもう一度考えるきっかけになれば、と思っています。読後の感想をぜひお寄せください。

30_2

今年も残すところ10日あまり。今日の“あさイチ”では、山﨑美津江さんをはじめ、友の会で活躍する方が出演されていました。年末に向けて、1カ所でも気になっているところをすっきりさせられるといいですね。編集部も仕事納めにむけて、仕事机まわりの掃除、片づけを“合間しごと”で進めていくつもりです♪
全国的にインフルエンザや胃腸炎などがはやっています。手洗いうがいに、ゆっくり休むを心がけて、残りの日々どうぞ穏やかにお過ごしください。
(1冊送料100円 年間購読送料200円/年)
年内の発送受付は12月26日金曜日17時までです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

山﨑美津江さんに聞く!セスキ水とぷるぷる石けんで、水まわりすっきり掃除

1年の締めくくりを考えながら、新しい年を気持ちよく迎えるための準備をする季節になりました。

掃除予定をたてて「今日はここをしよう」と1カ所集中型もいいのですが、今号の『かぞくのじかん』では、“汚れをゆるめる→みがく→拭きとる”の流れを身につけて、短時間で効率的に掃除を進める方法を紹介しています。

手早く終わらせたくて、汚れに洗剤をつけてすぐにこすったり、磨きはじめた経験はありませんか? アドバイザーの山﨑美津江さんは「焦りは禁物。掃除には洗剤の力にゆだねる時間が必要」と。その待つ時間を有効に使いながら、水まわり全体をすっきりさせる方法を教えてもらいました。

Photo

セスキ水やぷるぷる石けんの配合もわかりやすく掲載。
汚れに応じた洗剤や道具の使い方を覚えて、気楽にとりかかれるようになりたいですね。
(1冊送料100円 年間購読送料200円/年)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

2つめの新連載は、人気の“家事ごよみ”

最新号を手にとってくださったみなさま、ありがとうございます。
30号からスタートする新連載の2つめは、
「季節を楽しむ家事ごよみ」。

挿し絵は、イラストレーターのノグチユミコさん。
絵本のようなかわいらしいイラストで、ほっこりとしたページになりました。

30

この家事ごよみは、少し先を見通してすすめておきたい家事や、すぐにはできないけれど、おぼえておきたい季節のことなどが、子育て世代向けに、ひと月ごとにまとまっています。
クリスマスや年末にむけて、街の中も、家庭の中もそわそわした気分になりますが、この時期にすることを心づもりする時間を持てたらいいですね。ぜひ、手帳に小さく書き込んでみてください。
(1冊送料100円 年間購読送料200円/年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

冷蔵庫の開閉時間を短くするには・・・?

日中の気温が30度を超える日も増えてきました。

エアコンや扇風機などを使うことも多くなりますね。省エネを心がけながら、電化製品の使い方を見直して、この夏も元気に過ごしたいものです。
毎日、何度も開けたり閉めたりする冷蔵庫ですが、10秒開けていると庫内の温度が、1℃上がるとも言われます。1℃下げるには、それ以上の時間と電力を使います。
本誌vol.29のシンプルライフ化計画では、「奥まで見える とり出しやすい すっきり冷蔵庫」をテーマに冷蔵庫の整理のしかたを紹介しています。

Img_4075

「目的のものをさっととり出せる、しまいやすい、家族にも一目瞭然」を目指して、ぜひご家庭の冷蔵庫を整理してみましょう。

Img_4074

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

「変わらないといけない時期が、人にはあるんです」最新号特集より

特集のLesson1「パターンを決めて、きれいをキープ」の記事内では、家のようすをありのまま見せてくださった石飛さん。

20140623_155628
Before いままでの、いつもの室内

「長女はきっちりできるタイプ、次女はそうでもないかな」と話しながら、掃除の撮影をする数日前に「家の整とん」をしました。アドバイザーの久間さんは「子どものいるもの、いらないもの、分類の仕方は、おとなが思うところと違うことがありますから、『いる、いらない』『どうわける』かは、子どもといっしょにするといいですよ」と。
すべてのモノを出して、持ち主をはっきりさせながら「いる、いらない」をしていたところ、どうやら石飛さんの予想とはちょっと違った子どもたちの一面をみることができました。「モノを手元にずっと置いておきたいタイプ」の長女、次女は「おとなが心配になるくらいの潔さで分別できるタイプ」だったのです。3歳の弟もお姉さんたちがすることをみながら、「大事なもの」を選びだしていました。

20140623_155556
After 整とん後の室内。夜、寝る前はこの状態に。

結果、数カ月経った今も、Beforeの状態にはなっていないそうです。「今度は衣類にも取り組んでみます!」と家を整える意欲いっぱい!!
「変わらないといけない時期が人にはあるんです」の久間さんの言葉通り、この時期が石飛さんの「変わらないといけない時期」だったようです。
さて、みなさんの「変わらないといけない時期」はいつなのでしょうか?
最新号をご希望の方は本社、もしくはAmazonなどからご購入ください。



おまけ。。。婦人之友社の近くに咲く、カシワバアジサイ。
ソフトクリームのような花型も愛らしい、まっしろなアジサイです。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

連休は“私たちだけの家”づくりをしてみませんか?

ゴールデンウィークが始まりましたね。
みなさんは、どんな予定を立てていらっしゃいますか?

発売中の27号「増やさない暮らしはじめます」を読んでくださった方から、
「子どもたち(小6、小4、小1)といっしょに、洋服の整理をしました。みんな心もすっきり、むだなものは買わないようにしたいね、と確認しあいました」
「時間のあるゴールデンウィークに衣類整理をやってみます」
「子どもたちが遊びに行っている間に、部屋の片付けをしたい」
などなどのお便りをいただいています。

部屋の中の大改造をしなくても、居心地のよい“私たちだけの家”はつくれます。ちょっと不便なところに手を加えることで感じる、暮らしの変化をぜひ楽しんでみてください。

Img_1415

Img_8237
「家具を増やさずに 収納量をアップ」の記事の一部。
ほかの工夫もみたい、と思われたら、
書店や本社ホームページなどからご購入ください。

先日ブログで紹介した「ハンカチの木」ですが、花盛りの時期が過ぎ、今日は白いハンカチが地面にたくさん落ちています。
それをちりとりに集めるお手伝いをしている小さな子の姿もありました。家庭でも子どものやりたい気持ちを上手にくんであげたいですね。

Photo_2

そして、次に楽しみなのが明日館講堂(みょうにちかんこうどう)の裏手側です。

Photo
数10m続く、ハゴロモジャスミン。
もうすぐ独特の芳香が周辺に漂いはじめます!

Photo_3

ちらほら開花中。モクセイ科ソケイ属の植物。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

山﨑美津江さんのオープンハウスが開催されました。

あたたかな春の陽気が続き、過ごしやすい日々ですね。

先日、「山﨑美津江さん宅 オープンハウス」が無事開催されました。お天気に恵まれ、遠くは島根、大阪、京都などからも来てくださった読者9名と山﨑さんのお宅へ。玄関で迎えてくださった山﨑さんに、みなさん興奮気味。「どこを見てくださってもかまいませんよ」と、家の中をすみからすみまで見学し、写真を撮ったりメモをしたり・・・。
また、レクチャーの時間には、参加者が持ち寄った自宅の写真を見ながらアドバイスをいただきました。みなさん納得しながら、それぞれの宿題を胸に帰路に。オープンハウスのようすは、次号でご紹介いたします。

vol.27「家の整理は心の整理」は、山﨑さんのフォトレッスンです。
家の中を写真に撮って記録する。これは、写真を見返して「ここをそうじしてみよう」や「この家具の配置を変えてみよう」とモチベーションを上げるだけでなく、そのときの家の状況、子どもの年齢なども思い起こしてくれる“思い出のツール”と山﨑さんは言います。
この週末や、まもなくやってくる大型連休に、みなさん家の中の写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

Sk27_yamasaki_2
現在使っているデジタルカメラは7台目という山﨑さん。デジタルツールを上手に活用して、写真や手紙など整理しています。

本誌のご購入は本社ホームページからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧