カテゴリー「お父さんの子育て」の4件の記事

2014年2月24日 (月)

講演会のお知らせです

2月26日に、小学校入学前のお子さんをもつお父さんに向けた講演会が開催されます。



子育てや小学校選び……ご家庭ではどのように考えていますか?「どんな学校を選んだらよいか……」「身につけて欲しいことはどんなことだろう」「子どもに体験して欲しいこと」などをテーマに、3人の専門家のお話があります。
参加は、お父さんだけでなく、お母さん、おばあちゃん、おじいちゃん……どなたでもご参加いただけます。

日時:2月26日(水)

会場:自由学園明日館 東京都豊島区西池袋2-31-3

開演:19:00(開場は18:30より)

入場無料(事前予約をご活用ください)



主催:学校法人自由学園

共催:特定非営利活動法人 放課後NPO アフタースクール

後援:豊島区教育委員会、NPO法人ファザーリングジャパン

詳しくは、自由学園のHPよりご確認ください。

http://www.jiyu.ac.jp/event/father/

Father0226_2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

今年の父の日は「パパエプロン」いかがですか?

今年の父の日、夫や、父親へのプレゼントは、お決まりですか?

本日発売(6月5日)の本誌「お父さんミーティング」でご紹介した、ビストロパパこと、滝村雅晴さんと、帆布バッグで有名な「一澤信三郎帆布」がコラボした「パパエプロン」が、つい先日リリースされました。


_mg_3486

滝村さんが10年来愛用し、「僕をビストロパパに育ててくれた!」、と言うほどの「一澤信三郎」製エプロン。丈夫な布地と、職人技の縫製で、一生ものになることまちがいなし。
さっそく、編集Yも購入。料理だけでなく、掃除や大工道具、庭仕事にもガンガン使えそうです。

B


Dsc_0003s

★身長175cmで、「大」サイズだと、こんな感じです。

Dsc_0009s

★「Bistro Papa」と「信三郎帆布」のロゴがカッコイイ!

本体と、紐の色の組み合わせなどを新たに、カラー8色、2サイズで、初回200枚限定とのこと。
夫の家事協力への感謝の印に、または、全くしてくれない夫の家事参加を促すためにも、父の日に、素敵なエプロンのプレゼントはいかがでしょう?

(※本誌vol.08 P.62「新三郎エプロン」は「一澤信三郎エプロン」の誤りです。お詫びして訂正いたします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

小日向文世さんの「かぞくのじかん」

次号『かぞくのじかん』VOL.08[夏]は6月5日発売。
「父の日」企画の「お父さんインタビュー」に、
俳優の小日向文世さんが登場されます。

41歳で長男が生まれて、間もなく所属劇団が解散。
昼間から何してるんだろう……といぶかしがられながらも
毎日子供と通った公園では、お母さんたちに大人気!
そのわけは?

これから公園デビューするお父さんたちにも、
きっと参考になるお話です。

小日向さんのメッセージは
「誠実であれ。」(写真)

Dsc_0004_5

5月23日から全国公開の映画
『重力ピエロ』(伊坂幸太郎原作)では、
そのことば通り、血のつながらない息子にも愛情を注ぎ、
自身に誠実に生きる父親を演じられています。

1_
息子役の春(岡田将生・左)と泉水(加瀬亮)。

Sub3_large
母親(鈴木京香)が事故死をとげ、残された父と息子は……。
(中央・小日向文世さん)

重力ピエロの公式ホームページ

現在出演中のTVドラマ(婚カツ!)

>●こひなたふみよ プロフィール
1954年生まれ。北海道出身。'77年に串田和美主宰のオンシアター自由劇場に入団し活躍。
'96年の解散後、三谷幸喜作・演出の舞台『オケピ!』、ドラマ『HERO』の検察事務官役で注目され活動の幅を広げる。主演ドラマに『あしたの、喜多善男』、映画近作に『ALWAYS三丁目の夕日』(続編とも)『ザ・マジックアワー』『20世紀少年』など多数。今秋『サイドウェイズ』が公開に。実生活では中学生、小学生の息子さんと妻の4人家族。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

「おとうさんミーティング」で換気扇そうじ!

「かぞくのじかん」唯一の父親企画「おとうさんミーティング」。
その第2回を10月中旬の土曜日に開催しました。

vol.6は12月発売ということで、今回のテ−マは「お掃除」。
3人のお父さんに集まっていただき、
全国友の会などで掃除の講師としても活躍する山﨑美津江さんに
重曹を使った換気扇掃除を教わりました。

今回は休日の開催だったので
ご家族連れの方もあり
子どもたちも加わりながらの講習会に。

「あーっ、汚れが落ちた!」など驚きの声もあがる中で
にぎやかに換気扇掃除が進んでいくのでした。

200810281740000

「きれいに掃除し終わったときには、なめてもいい感じになるんですよ!
 さわって、ああいい子ダネッて…」

そんな山﨑さんの言葉に一同ビックリしながらも
最後はお父さんたちも、きれいになった換気扇に満足気な様子でした。

年末、この経験をさらに発展するために
おみやげに、婦人之友社の「掃除の本」をお持ち帰りいただき、
みなさん、帰路についたのでした。

Souji

お父さんたちにどんな悪戦苦闘があったのでしょう?
次号もどうぞお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)