カテゴリー「記事紹介」の13件の記事

2020年3月11日 (水)

●3月限定【はげみひょう】のダウンロードはこちらから。

家で過ごす日々、どんな毎日ですか?

いつもみたいにできないことがあっても、「できない、できない」と思いすぎないでいてほしいな〜、と思います。

何かひとつ自分できめたことが「できた♪」ら、この【はげみひょう】にシールをペタリ。

毎朝決めた時間に起きること、元気に「おはよう」って言う、家のまわりを散歩する、知らない漢字をひとつ覚えるなど、なんでもいいですよ。

Img_6658

できたことをかぞくみんなで喜べるといいですね。

子どもだけでなく、おとなもぜひ!

Img_6654

【はげみひょう】はこちらからどうぞ

(A4 1枚)

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

●エコラップキット、大好評につき100セット完売!ですが……!!朗報あります。

エコラップ限定キット、たくさんのお申し込みをいただき、限定数(100セット)に達してしまいました。

ご希望の方が多く、もう少し増やすことにしましたが、数に限りがりありますので、できるだけ早めにお申し込みください。できる限りご用意したいと思い、準備を進めています。

そして、たくさんのご感想と共に、読者はがきでご注文いただいています。編集部でもとてもうれしく読んでいます。

●ミツロウは、写真のつつみの中に入っています。愛媛の藤田養蜂場から特別に購入したミツロウです。

Photo_20200310163301

| | コメント (0)

●51号ウォッチさん、リボンちゃん、キャップくんはここにいるよ!〜P68「7つのまちがいどこだ?」〜

ワイワイガヤガヤのじかん、「7つのまちがいどこだ?」。

ちゃんと7つ、見つけられましたか?

問題をよく読んだら、

「あれ? ウォッチさんたちのこたえがのってな〜い!!」と、きっと思いましたよね。

ここにこっそり、正解をのせておきますね♪

3

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

● 小学生の「考える力、書く力がつく」日記帳をぜひ!! 

2019年もあと数日。

気になるところの片づけをして、さっぱりと年越ししたいですね。

******************************

本誌50号では、『小学生の生活日記』をドドーンと紹介しています。

絵日記として、お父さんお母さんとの交換日記、起床時間を記録したり、、、といろいろな方法で使っている子どもたちの日記帳を掲載しています。

「眠たいときはお父さんに書いてもらった!」そんなコメントもあり、親子で数年後、「あんな日もあったね」と笑い合えそうな微笑ましい光景ですよね。

今日あったことを振り返る時間は、子どもたちの心の整理にもなるようです。

 

 

2020年版『小学生の生活日記』は今、子どもむけ日記帳として大人気♪

なんとベストセラー1位★です。

Photo_20191226162601

ぜひお子さまに、お孫さんにお買い求めくださいね。

ご注文はこちらからどうぞ

| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

冷蔵庫の野菜室そうじは、野菜が少ないときがチャンス!

49号の「わが家のシンプルライフ化計画」のテーマは、“つめこまない!冷蔵庫の野菜室”。

野菜を使い忘れたり、ダメにしないためには、やはり全体的に見通しがよいことが大切です。。

Img3569

この記事を読んだ方々からは、

「まさに今、うちの野菜室もビフォーと同じ!」、反対に「こんなに野菜が入っていてびっくり。わが家はいつもスカスカです」という声も。

家庭によって、入っている野菜の種類や量はちがいますが、そうじは野菜が少ないときを見計らってできるといいですね。

たとえばまとめ買いの前日や、宅配野菜がくる前日、お給料日前など。

いいタイミングで中の野菜をすべて出して、水拭きをすれば、さっぱりします♪

20190823-104602_20190905165201 

フェイスブックインスタグラム もお楽しみください。

●婦人之友社からのご購入はこちら すぐに発送いたします♪

(1冊送料100円 年間購読送料220円/年)

Amazonからのご購入はこちら

楽天ブックスからのご購入はこちら

Fujisanからのご購入はこちら

●バックナンバー

こちらからお申し込みください

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

子育ての悩み……わが家だけですか?Q&A

自分の子育てって、これでいいのかな〜と、ふとしたときに思うことがあります。

49号では、そんな悩みをお茶の水女子大学こども園園長の宮里暁美先生にお聞きして、

「子育てのギモンQ&A」という記事にまとめました。

1-2

 

「そうかもしれない」「このまま様子をみよう」「そうだったんだ!」など、

悩みや迷いが少しでも小さくなるといいな、と思っています。

2-2

 フェイスブックインスタグラム もお楽しみください。

●婦人之友社からのご購入はこちら すぐに発送いたします♪

(1冊送料100円 年間購読送料220円/年)

Amazonからのご購入はこちら

楽天ブックスからのご購入はこちら

Fujisanからのご購入はこちら

●バックナンバー

こちらからお申し込みください

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

いつもの家事に、季節の家事をちょっとプラス!!

日ごろの家事に手がまわらな〜い、と言っている人でも、ひなまつりやハロウィン、クリスマスなどのイベントを楽しく上手に暮らしに取り入れているような気がしています。

世の中の流行だけでなく、昔から親しまれてきた、日本の四季に合わせた「季節の家事」も少しずつ取り入れてみてはどうでしょうか。ほんの小さなことでも、家の中を通る風がさわやかに感じられることでしょう。

そのヒントになる、本誌の人気連載「季節を楽しむ 家事ごよみ」には、3カ月分の「衣食住、家計のこと、かぞくのこと」の具体的な内容を毎号掲載しています。

Img_2014 

このブログを読んでくださった人にだけ、ちょっとだけヒントのおすそわけ♪

●梅雨の晴れ間に「運動靴や長靴に防水スプレーをかけておく」といいですね。子どもの靴にもしゅっとひと吹きしておきましょう。

●粉ダニが発生しやすい状況になるので、乾物や米に注意。米びつに唐辛子を入れておくと防虫になります。乾物を使った新しい料理にチャレンジしても!

●あじさいがきれいですね。ご近所に何種類くらい見かけることができるか、意識して歩いてみるのも楽しいですよ。

Image001

●婦人之友社からのご購入はこちら すぐに発送いたします♪

(1冊送料100円 年間購読送料220円/年)

| | コメント (0)

2018年12月21日 (金)

もうすぐクリスマス♪

今年のクリスマス前は3連休なので、準備がゆっくりできてうれしい人、逆にでかける用事がいっぱいで慌ただしくて困る人、、、いろんな環境の人がいそうですね。

雪のようなシュガーパウダーをふりかけた、「アーモンドケーキ」をクリスマスのケーキにぜひ♡
シンプルなデコレーションも素敵ですし、家族で創意工夫してもたのしいですね。

Img0638

そのほかアレンジでは、パウンドケーキ型、マフィン型なども紹介しています。
つくり方をコマ写真で詳しく掲載していますので、お菓子づくり初心者でも、おつくりいただけますよ♪
最新本誌46号のお申し込みはこちらからどうぞ★
これを読んでくださる方々にとって、心温まるクリスマスになりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

家族だからわかる合言葉♪ ありますか?

「ほら、ほら、片づけて〜」

「これだれの?」

「出したらもどして〜」
「もうぜんぜん、きれいにならない!!」……。
何度言ってもダメ、、、とあきらめる前に、ちょっと視点を変えた言葉を使ってみるのはどうでしょうか? 
部屋をととのえるタイミングがとれなくて、ずっと片づかない状態になってしまうときは、『羽仁もと子著作集・家事家計編』の中の言葉。「寝る前の家」をおすすめします。
「寝る前には、すべてのものが置くべきところに置かれて、なにひとつ置き忘れてないようにするということです。おとなから子供まで、めいめいの着るものも履くものも、翌朝用のものは、必ずちゃんとそろえておくこと」
それが「寝る前の家」だと書いてあります。これができると、朝起きたときから気持ちよく生活できます。「夜、寝る前に一度片づける、リセットする」と、子どもや夫といっしょに時間を決めたら、このお話をして、
「寝る前の家にしよ〜♪」 を、家族の合言葉にしてくださいね!!

Img0627

みんなで家事をするときに合言葉になりそうな「ことば集」は、最新46号のp.32-33にあります!

最新本誌46号のお申し込みはこちらからどうぞ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

読者のページ「みんなのじかん」、46号のテーマは「ズバリ、いま幸せですか?」

Img0622

「みんなのじかん」は毎号テーマを決めて、読者の方の声を掲載しているページです。

46号では「ズバリ! いま幸せですか?」がテーマ。

双手をあげて「はい♪」という人もいれば、「幸せのはずだけれど、なんだかちょっとモヤモヤも……」と、正直な思いを寄せてくだる人も。今回は子どもに聞いたかわいらしい返答も出ています。

これまでのテーマもいろいろ。「これが私の不便自慢」「子どもとスマホ、タブレット」「夫婦の危機・すれちがい」「梅雨時期の洗濯事情」などなど。。。

人は人、自分は自分、と揺れない強い気持ちもだいじですが、一方で自分では気づけない他人の思いや考えも受け入れられる柔軟な気持ちももっていたいな、と編集しながら感じています。

次号は「子ども同士のトラブル&その後。親はどこまで介入する?」です。メール、はがきなどでお寄せください、お待ちしています!

Img0621

最新本誌46号のお申し込みはこちらからどうぞ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)